EDは気を付けることが沢山ある|飲酒や食事などをする時の注意点

男性

病院で処方してもらう

男性

バイアグラやレビトラなどの治療薬を服用することで症状改善を目指す事ができます。大阪のクリニックではED治療薬を処方してもらうことができるので、病院へ行って問診してみましょう。

詳細を確認する

精神的なストレスが原因

ハート

普段からストレスを貯めていると心因性EDになりやすいとされているため、ストレスを貯めないようにすることが大切です。治療薬の他にもカウンセリングなどでストレス解消を目指しましょう。

詳細を確認する

原因を知り予防をする

男女

EDは男性にとって身近な問題となっています。EDになると思うように満足感を得られることがないためストレスにもなってしまいます。ストレスが溜まってしまうことで精神的にも辛くなりますし、セックスレスにも繋がるでしょう。セックスレスになるとお互いの距離も生まれるため、夫婦関係や恋人関係の悪化にもなりかねない状況となります。

EDにも様々な原因がありますが、飲酒とも関係があることが確認されています。適度な飲酒であればアルコールは体に良い影響があります。アルコールはストレスを軽減させる働きがあるためリラックス効果が期待できるのです。ストレスが軽減されることにより、いつもより開放的な気分になりぐっすり眠ることができるのです。また、EDを引き起こす「酸化ストレス」を減少させるメリットもあるのです。

EDは陰茎にある血管に血液がうまく流れずに行き届かないことが原因で引き起こされる1種の血管障害と言われています。酸化ストレスは血管を傷つける性質があるため、酸化ストレスはEDになる原因となるのです。アルコールを摂取することで酸化ストレスを減少できるので、ED治療に効果があるのです。

アルコールを適度に摂取することでED予防にもなると言われていますが、お酒の飲み過ぎはかえって逆効果になります。アルコールを摂取し過ぎることで性的興奮が高まらない状態になってしまいます。その失敗がトラウマとなりEDに発展してしまうこともあるのです。

体質改善を心がける

サプリメント

自分の思いとは反対に勃起をすることができないので、EDは性行為のときにも影響を及ぼします。EDは対策をすることができるので、生活習慣の改善やED治療薬の服用などを実践しましょう。

詳細を確認する